【コンサル転職】コンサルへの転職に強いエージェント

【コンサル転職】コンサルへの転職に強いエージェント

最終更新日 2020-08-14

コンサル転職の強い味方となるエージェントの特徴や活用方法を、自身のコンサルへの転職経験も踏まえご紹介します。

本ページにて想定する読者の方
① 未経験でコンサル転職を考えている方
② 各エージェントの特色を知りたい方
③ 対策におけるエージェントの活用法を知りたい方

近年転職市場で人気のコンサル業界

近年転職市場でのコンサル業界の人気は高まっています。一時期は知る人ぞ知る存在でありましたが、近年の業界の好調な業績を背景に求人数と幅を広げています。

中でも外資系コンサルは勿論厳しい面があるものの、典型的な日系企業と異なる特徴があるため、特に強い人気を誇っています。

例① 給与水準が相対的に高い
例② 昇進が相対的に高い
例③ スキルや知識を高め合う雰囲気がある


このページではキャリー自身や先輩、同僚の実体験を元に、コンサル転職に際しおススメのエージェントをご紹介します。

また最後にコンサル転職にあたっての『 心構え 』も記載していますので、合わせてご覧になって下さい。

コンサル転職に強いエージェント

アクシスコンサルティング

[公式サイト] https://www.axc.ne.jp/

先ずはコンサル転職で豊富な実績を有すアクシスコンサルティングを紹介します。

同社は大手外資系コンサルや国内系コンサルへのシニア・コンサルタントクラス以上の入社実績数において「2018年度は全エージェントの中で1位」(同社HPより)を達成するなど、コンサル業界での転職実績は豊富です。

その一方転職希望者への平均的な転職支援期間は『 3年 』(同社HPより)に及ぶなどじっくりキャリアに向き合ってくれる事から『 未経験者のコンサル転職 』においても強い人気があるエージェントです。

コンサルの転職ではケース面接など特殊な選考もありますが、親身さと実績を兼ね備えた同社の存在は心強い存在となります。

コンサル転職に興味がある方のお勧めの筆頭として、ご紹介いたします。

登録はこちら (公式サイト)      >

JAC Recruitment

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: jc.png

[公式サイト] http://www.jac-recruitment.jp/

先ずはご存じの方も多いかと思いますが、外資系エージェントであるJACリクルートメントを紹介します。

同社は日本で30年以上の長い歴史があり、業界スペシャリストやエンジニア、また管理部門や営業職などのハイクラスに強いエージェントです。

特にグローバル企業や外資系を含む幅広い求人を持っており、特に年収600万円〜2,000万円の案件に強みを持っています。

コンサル業界への転職の求人も幅広く持っており、コンサル出身のエージェントの方も在籍をしているため業務や仕事を理解した上での助言が期待出来ます。

何よりハイクラス向けや外資・グローバル企業の転職において『 先ずは登録すべき 』筆頭のエージェントと言えますので、登録をおススメいたします。

登録はこちら (公式サイト)      >

ムービン・ストラテジック・キャリア

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: cv-1024x341.jpg

[公式サイト] https://www.movin.co.jp/

外資コンサル転職で有名な『ムービン・ストラテジック・キャリア』を紹介します。

特徴としては同社が「コンサルタント転職支援、実績No.1の人材紹介会社」と謳うように「GOOD AGENT AWARD 2017 金賞」などの受賞歴は勿論、BCG、Roland Berger、Deloitte、PWCなど第一線のファーム出身のエージェントの方々が豊富に在籍しています。

イメージとして「ハイクラス向けの、ハイクラスのコンサル転職のためのエージェント」であるため、率直に言って敷居は高いです。

一方ケース面接などの指導力にも定評があるため、MBBなどの戦略コンサルを志望する方の人気はかなり高いです。

外資コンサルの中でも『 難関を目指す 』意思と実績をお持ちの方にとっては心強い味方であるため、登録をおススメいたします。

登録はこちら (公式サイト)      >

ランスタッド

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: rs3.jpg

[公式サイト] https://www.randstad.co.jp/

売上規模で世界1位と2位を争う外資系エージェントの『ランスタッド』を紹介します。

特徴としてグローバル・外資系企業に強く、特に20代後半~30代の方の消費財・医療医薬・製造業・テクノロジー領域への転職に注力をしています。

また同社のプロフェッショナル転職サービスは『 年収800万円以上の求人が80% 』(同社HP内の公開求人の年収分布 ※2019年1月時点より)を占めており、その事からも同社に求人を出す企業からの信頼も伺い知る事ができます。

コンサル業界の求人の特徴として同社の特徴が示す通り、デジタルマーケやテクノロジー、UX・UIデザイナーなど新領域型の職種が豊富にあります。

何より同社がPRする通り『 年収1000万円以上の転職 』を目指す上で利用したいエージェントであるため、おススメをいたします。

登録はこちら (公式サイト)      >

コンサル転職にあたっての心構え

ケース面接対策にエージェントをフル活用すべし

コンサル業界ではケース面接という特殊な選考が用意されている事が一般的です。

特に未経験からコンサルへ転職する際は、入念に対策を行わないと内定が遠のく可能性があります。

コンサル専門のエージェントでは各会社のケース面接の内容をストックしている事がほとんどですし、個別相談やセミナー形式でケース面接対策を提供している場合もあります。

勿論自分1人で対策をする事も1つではありますが、ケース面接は「考える」「伝える」「質問に答える」という要素で構成をされている事から『 相手の存在は不可欠 』です。

自身の勉強に加え、エージェントの方や周りのコンサル経験者をフル活用し、十分な対策をするようにしましょう。

コンサル転職では「次の次」を考える事がマスト

特に外資コンサルでは終身雇用ではないため、多くの方は最終的には巣立っていきます。キャリー自身も面接の際で「うちの次にやりたい事はあるの?」と面接官に聞かれた事があります。

加えて多くの方にとってコンサルは「最終ゴール」ではなく、自分のビジョンの達成のための『 通過点 』と捉えている事がほどんどかと思っています。

その意味ではコンサル転職の前に、コンサルの「次のキャリア」を考えておく事が必須と考えています。

そうする事で、コンサル入社後に自身が学んだり経験したい事を選ぶ「基準」が出来ますし、何より自身のコンサルからの「卒業の要件」を明確にする事で「日々の過ごし方」そのものが変わってきます。

コンサルでのキャリアを実りあるものとする上、是非この部分まで踏み込んで考えてみて下さい。

スポンサーリンク

コンサル入社対策カテゴリの最新記事